アルコールチェック義務化とは?

2023年12月に道路交通法が改正され、対象事業者の運転者は、運転前後にアルコールチェック実施し、それを「安全運転管理者」によって確認することが義務付けられました。

アルコールチェック義務化の背景

2021年6⽉、⼋街市で飲酒運転のトラックが⼩学⽣の列に突っ込み、5⼈の児童が死傷しました。被告⼈が業務中に常習的に飲酒していたことが明らかになり、企業側の管理体制の⽋陥が問題視されたのです。

アルコールチェック義務化の
対象となる事業者

アルコールチェック義務化の対象となる企業は、乗車定員が11人以上の自動車が1台以上ある、または、その他自動車が5台以上ある場合です。※自動二輪車(原動機付き自転車を除く)は1台を0.5台として計算し、業務で使用する車両を台数として計算します。

アルコールチェック義務化における
安全運転管理者の業務内容

運転者による運転前後のアルコールチェック

01

運転者が運転前後に検知器を用いて、
アルコールチェックを行います。

02

安全運転管理者は運転者に対して酒気帯びがあるかを、目視かそれに準ずる方法で確認します。

運転者の運転前後のアルコールチェックを安全運転管理者が目視で確認
アルコールチェックの記録の保存・管理

03

アルコールチェックの記録を管理・保存し、検知忘れがないかチェック・指導

違反してしまうと罰則も

負担の大きい安全運転管理者の業務は
「クリアGO」にお任せください!

アルコールチェック代行サービスでコールセンターが安全運転管理者の業務を代行

「クリアGO」では、コールセンターが安全運転管理者の業務を代行します。
これにより法令に対応した安全運転管理者業務の負担を大幅に軽減し、企業のコンプライアンス遵守を推進します。

さらに
導入・定着支援を無料サポート!

クリアGOをご契約していただいたお客様には、サービスの導入から定着まであらゆる面でご提案、サポートをさせていただきます。システムに詳しくないという方もご安心ください。

各段階に応じて柔軟なプランをご提供いたします