アルコールチェック義務化で記録は必須!記載方法や保管方法、記録簿についてまとめて解説

「アルコールチェックの記録って何を残せばいいの?」

「記録の保存期間ってどのくらい?」

「記録を怠るとどうなるの?」

2022年10月から、白ナンバー事業者もアルコールチェックが義務化されました。しかし、記録に関する疑問や不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、アルコールチェック義務化の背景から、記録すべき項目、保存期間、罰則まで徹底的に解説します。最後まで読めば、アルコールチェックの記録に関する疑問が解消され、法令遵守への第一歩を踏み出せるはずです。

クリアGOなら、アルコールチェック管理システム(アプリ)や安全運転管理者の業務代行など、企業のアルコールチェック義務化をフルサポート! まずは無料相談からお気軽にご連絡ください。

アルコールチェック管理代行サービス【クリアGO】

なぜアルコールチェックが義務化されたのか?

アルコールチェックが義務化された背景には、飲酒運転撲滅への強い社会的要請があります。飲酒運転は、重大な人身事故を引き起こす可能性があり、社会全体で対策を強化する必要がありました。

2022年10月1日より、白ナンバー事業者(自家用自動車を使用する一般事業者)に対しても、アルコールチェックが義務化されました。これにより、より多くの事業者が飲酒運転防止対策に取り組むことが求められています。

アルコールチェック義務化の対象となる企業

アルコールチェック義務化の対象となるのは、以下の条件を満たす事業者です。

  • 定員11人以上の車両を1台以上保有している事業所
  • 車両を5台以上保有している事業所

 

アルコールチェックの実施方法

令和4年4月1日には、運転前後の運転者の状態を目視等で確認することが法令で定められました。

さらに、令和5年12月1日からは、アルコール検知器を用いてのアルコールチェックが義務化されるとの方針が発表されています。

令和5年12月1日からは、アルコール検知器を用いてアルコールチェックを行わなければなりません。アルコールチェックの手順は以下の通りです。

  1. ドライバーは、アルコール検知器に息を吹きかけます。
  2. 安全運転管理者は、アルコール検知器の表示を確認します。
  3. アルコールが検出されなかった場合、ドライバーは運転業務に従事できます。
  4. アルコールが検出された場合、ドライバーは運転業務に従事できません。

 

アルコールチェックの記録内容と保管方法

アルコールチェックの結果は、記録簿に必ず記録しなければなりません。

記録簿には、以下の項目を記載します。

  • 確認者名
  • 運転者名
  • 運転者の業務に係る自動車登録番号又は識別できる記号、番号等
  • 確認の日時
  • 確認の方法
  • 酒気帯びの有無
  • 指示事項
  • その他必要な事項

また、アルコールチェックの義務化に伴い、記録簿を1年間保管することが定められました。

記録を保存していない場合は罰則があるので、しっかりと保管しましょう。

アルコールチェックの記録を怠ってしまうとどうなるのか

アルコールチェックの確認や記録を怠った場合、直接的な罰則はありません。

しかし、これらの事実が発覚した場合、安全運転管理者への解任命令が下される可能性があります。(道路交通法第74条の3)

この解任命令に従わない場合は、50万円以下の罰金が科せられます。

また、運転者が酒気帯び運転を行った場合、以下の罰則が科せられます。

  • 運転者: 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 企業: 300万円以下の罰金
  • 車両提供者(安全運転管理者など): 5年以下の懲役または100万円以下の罰金

 

クリアGOでアルコールチェック義務化をフルサポート!

コールセンターで働く人々

クリアGOは、アルコールチェック義務化に関する企業の負担を軽減し、法令遵守を徹底的にサポートするサービスを提供しています。

  • アルコール検知器の選定・販売
  • アルコールチェック管理システム(アプリ)の販売
  • コールセンターによる安全運転管理者の確認業務代行
  • システム、コールセンターの導入・定着支援

アルコールチェック義務化でお困りの際は、ぜひクリアGOにご相談ください。